自然観察雑記帳> >薬用植物 >ヤブジラミ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヤブジラミ(藪虱)
セリ科、ヤブジラミ属の二年草
学名  Torilis japonica
撮影/May29,2003

◎別名 「トビツキグサ」

◎薬用部位  果実。

◎薬効  腫れ物、強壮。

◎採取時期  夏。

◎花期 5〜7月。

夏に熟した果実を採取して、陰干しする。

・腫れ物には、乾燥品10gに、明礬(みょうばん)2〜4gを加え、400ccの水で煎じ、冷ましてから患部を洗う。

・強壮には、乾燥した果実に、五味子(ごみし)に菟糸子(いとし)を同量混ぜて、蜂蜜を加えて丸薬を作り、一日三回服用する。

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ