自然観察雑記帳> >薬用植物 >ウツボグサ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ウツボグサ(靫草)
シソ科、ウツボグサ属の多年草
学名  Prunella vulgaris var. lilacina
撮影/June,30,2003

夏枯草(かごそう)

◎分布 北海道〜九州。

◎薬用部位  花穂(夏枯草)。

◎薬効  膀胱炎、腎臓炎、利尿。

◎採取時期 7月〜9月。

◎花期 6月〜8月。

・花が少し枯れかかった頃に採取して天日乾燥する。患部の熱をとる力のある薬草なので、患部が冷たい時や冷え性の人は服用しない。

・無機塩類の塩化カリウムなどを含み、尿の出を良くする作用と、体内の塩分を除く作用がある。

・一日5〜10gを600ccの水に入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。

撮影/September.26,2003
・日本全国、日当たりの良い路傍、草原などで見られる多年草。山菜・採取方法はこちら。

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ