自然観察雑記帳> >薬用植物 >オカトラノオ

自然観察雑記帳/サイト内検索
オカノトラノオ(丘虎尾)
サクラソウ科、オカトラノオ属の多年草
学名  Lysimachia clethroides
撮影/June,30,2003

虎尾珍珠菜(こびちんじゅさい)

◎分布 北海道〜九州。

◎薬用部位  全草(珍珠菜)、根(珍珠菜根)。

◎薬効  生理不順、むくみ、打撲など。

◎採取時期  6月〜7月。根は9月頃。

◎花期  6月〜7月。

・平地から山地までの広い地域にわたって、明るい草地に群生する。白い長い穂を垂れ下げて咲く姿が、虎の尾のように見える事で、この名が付けられた。

・葉は夏に、根は秋に掘り採って天日乾燥して利用する。打撲などには、外用薬が多いが、これは煎じたものを内服して症状を軽くする効果がある。

・一日3〜5gを600ccの水に入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ