自然観察雑記帳> >薬用植物 >ネギ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ネギ(葱)
ユリ科、ネギ属の多年草
学名   Allium fistulosum
撮影/August,29,2003

中国名  葱(そう)。

◎薬用部位  白い茎(葱白)。

◎薬効  風邪、のどの腫れと痛み。

◎旬  12月〜2月。

◎花期  春。

・中国原産で畑で栽培されている。白い部分をきざんで天日乾燥させた物を使うか、生のものを使う。

・葉の緑の部分は、β-カロチンやビタミンCなど栄養素が多く含まれていて、目の疲れなどに効果がある。

・風邪には、乾燥品なら一日3〜5gを、生なら一日10gを、大きめの茶碗に入れ、熱湯を注いで3回に分けて服用する。味噌やショウガを入れて飲んでも良い。

・のどの腫れや痛みには、白い部分を縦に切りガーゼに包み、のどに巻く。

撮影/April,21,2004

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ