自然観察雑記帳> >薬用植物 >ムクゲ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ムクゲ(木槿)
アオイ科、フヨウ属の落葉低木
学名  Hibiscus syriacus
撮影/August,11,2003

中国名  木槿(もくきん)。

◎薬用部位 樹皮(木槿皮)、蕾(木槿花)。

◎薬効 樹皮は、水虫。蕾は、胃炎、下痢。

◎花期  6月〜10月。

古い時代に中国から渡来した落葉低木で、韓国の国花。「ハイビスカス」と同じ仲間。

樹皮は6〜7月、蕾は8〜9月にとって天日乾燥する。白花の蕾を天日乾燥したものを、木槿花と言う。

・水虫には、樹皮15gをホワイトリカー(35度)200ccに1ヶ月以上漬け込んだものを塗る。

・胃炎、下痢には蕾一日2〜5gを600ccの水に入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。

撮影/Sptember,05,20003

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ