自然観察雑記帳> >薬用植物 >カラスウリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
カラスウリ(烏瓜)
ウリ科、カラスウリ属のつる性多年草
学名   Trichosanthes cucumeroides
撮影/November,01,2003

別名 「からすのまくら」

◎分布 東北南部〜九州。

◎薬用部位 根(王瓜根)、果実(王瓜)。

◎薬効  根、果実は、利尿、催乳。果実は、しもやけ、あかぎれ、ひび。

◎採取時期  秋〜冬。

◎花期  8月〜9月。

・根は秋に掘り、皮を除ききざんで天日乾燥する。果実は赤く熟したものを生で用いる。

・利尿、催乳には、乾燥品3〜5gを600ccの水に入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。

・しもやけ、あかぎれ、ひびには、果実をつぶして汁を患部に塗る。

「蕾」 撮影/August,29,2003 
撮影/August,12,2004

・果実が赤くならない「キカラスウリ」も同様に利用でき、根からデンプンを採取したものを天瓜紛(てんかふん)と言い、あせもの薬になる。

 
 

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ