自然観察雑記帳> >薬用植物 >ジンチョウゲ

自然観察雑記帳/サイト内検索
 ジンチョウゲ(沈丁花)
ジンチョウゲ科、ジンチョウゲ属の常緑低木
学名  Daphne odora
撮影/March,08,2003

中国名  瑞香(ずいこう)。

◎薬用部位  花(瑞香花)。葉。

◎薬効  花は、のどの腫れや痛み、歯痛。葉は、腫れもの。

◎花期  春。

・春の開花期に採取して天日乾燥する。のどの痛み、歯痛ともに温かいものをとると痛みが強くなる場合に良い。

・一日2〜3gを400ccの水に入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。また、その液でうがいをする。

・葉は、火であぶって患部に貼ると、腫れものに効く。

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ