自然観察雑記帳> >薬用植物 >ボケ

自然観察雑記帳/サイト内検索
 ボケ(木瓜)
バラ科、ボケ属の落葉低木
学名  Chaenomeles speciosa
撮影/April,03,2003

中国名  (貼梗海棠)ちょうきょうかいどう。

◎薬用部位  果実(木瓜)。

◎薬効  筋肉のひきつり、暑気あたり。下痢、吐き気など。

◎花期  春。

◎実期   8月〜9月。

・8月から9月に熟した果実を採り、輪切りにして天日乾燥する。胃腸に熱がある時は使用しない。

・乾燥品、一日5gを600ccの水に入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。

・中国原産で観賞用に栽培されている。クサボケの実も同様に利用できる。

撮影/August,29,2003

・ボケ酒は、実1kgを良く洗い水気をとってから、2〜3cmに切り、ホワイトリカー1.8リットル、氷砂糖300gの割合で密閉したビンに漬ける。一年熟成すると、美味しく仕上がる。

・ボケ酒は、酸味とコクがあり、整腸作用、疲労回復、下痢、腹痛などに効果的。

 

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ