自然観察雑記帳> >薬用植物 >ベニバナ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ベニバナ(紅花)
キク科、ベニバナ属の二年草
学名  Carthamus tinctorius
撮影/July,04,2005
 

◎中国名  紅花(こうか)

◎別名 スエツムハナ。

◎薬用部位  花

◎薬効  生理痛、生理不順、打撲、動脈硬化の予防、狭心症の予防。

◎花期  6月〜8月。

・中国から渡来し、古くから染料植物として栽培されていて、昔は女性の口紅の原料として用いられていた。

・6月頃に花を摘んで天日乾燥する。体を温めながら治す薬草。種子からはリノール酸を多く含むサフラワー油がとれ、高級サラダ油として用いられる。

・一日1〜3gを600ccの水に入れ、30分ほど煎じて3回に分けて服用する。また、一回1gほどを茶碗に入れお湯を注いで飲んでも良い。

 

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ