自然観察雑記帳> >薬用植物 >バナナ

自然観察雑記帳/サイト内検索
バナナ
バショウ科、バショウ属の常緑多年草
学名  Musa acuminata
撮影/October,27,2005

◎原産  東南アジア熱帯地方。

◎薬用部位  根茎、葉、実。

◎薬効  滋養強壮、便秘、利尿、風邪の解熱。

・バナナは、食物繊維、ペクチンとオリゴ糖をよく含んでいるので整腸作用がある。漢方では、根茎や葉を刻んで天日乾燥したものを利用する。

・疲労回復や滋養強壮、便秘には、生のまま食べる。冷え性や胃腸の弱い人は多食しないように。

・利尿や風邪の解熱には、乾燥した根茎や葉2〜5gを、300ccの水で半量になるまで煎じて服用する。

 

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ