自然観察雑記帳> >薬用植物 >アスパラガス

自然観察雑記帳/サイト内検索
アスパラガス
ユリ科、クサスギカズラ属の多年草
学名  Asparagus officinalis
撮影/September,01,2004

◎別名 マツバウド。

◎薬用部位  根茎、若芽。

◎薬効  利尿、滋養強壮、体力回復。

◎旬 春から初夏。

◎花期 5〜7月。

・秋に根茎を掘り取り、刻んで陰干しする。

・利尿には、乾燥した根茎50gを煎じて服用する。

・滋養強壮、体力回復には、市販のものを調理して食べる。茹でるより、焼いたり揚げたりして食べる方が水溶性のビタミンを失わない。

「実」

・南ヨーロッパ原産で、日本各地で栽培されている。 野菜として販売されているグリーンアスパラガスにも、新陳代謝を活発にするアスパラギンを多量に含んでいて滋養強壮や体力回復に効果がある。

薬用植物索引  有毒植物索引  山菜索引

写真帳へ   健康帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ