自然観察雑記帳> > 植物 > 樹木 >イロハモミジ

自然観察雑記帳/サイト内検索
イロハモミジ(以呂波紅葉)
カエデ科、カエデ属
学名 Acer palmatum
撮影/April,09,2013

◎被子植物 双子葉 離弁花。

◎別名 「イロハカエデ」「タカオモミジ」。

◎分布 本州(福島県以西)、四国、九州。

◎樹形 落葉高木。

◎樹高 〜15mほど。

◎花期 4〜5月。雌雄同株。

◎生育地 山地の沢沿いなど。

・葉は対生。直径4〜7cmで、掌状に5〜9裂する。

・花は直径約5mm、複散房花序に10〜20個つけ、雄花と両性花が混生する。

・雄花の雄しべはふつう8個あり、花から突き出る。両性花の花柱は先が2裂して外に曲がる。

双子葉離弁花類(2)/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎アオイ類 Malviids
 (真正バラ類U Eurosids U)

◎ムクロジ目 Sapindales

◎ムクロジ科 Sapindaceae

◎カエデ属 Acer

APG分類体系V/写真検索
「両性花」
「雄花」
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。APG分類体系Vでは、「カエデ科」は「ムクロジ科」に含まれました。APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

樹木/科名別索引  五十音順索引

観察帳へ   写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ