自然観察雑記帳> > 植物 > 樹木 >ユキヤナギ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ユキヤナギ(雪柳)
バラ科/シモツケ属
学名 Spiraea thunbergii
「植栽」 撮影/March,22,2013

◎被子植物/双子葉 離弁花。

◎別名/「コゴメバナ」。

◎分布/本州(東北地方以南)、四国、九州。

◎樹形/落葉低木。

◎樹高/1〜2m。

◎花期/3〜4月。

◎生育地/川岸の岩礫地など。

・名前は、葉を柳、花を雪に見立てて付けられた。

・葉は互生。長さ2〜4.5cm、幅0.5〜1.2cmの狭披針形で、縁には小さな鋸歯がある。

・花は直径約8mmで白色、前年枝に多数つける。花弁は5個で、長さ2〜4mmの円形。

樹木/写真検索
離弁花類(1) (2)
合弁花類・単子葉類・裸子植物
   

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎マメ類 Fabids
 (真正バラ類T EurosidsT)

◎バラ目 Rosales

◎バラ科 Rosaceae

◎シモツケ属 Spiraea

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 日本に自生するものは栽培していたものが野生化したものだと言う考えもあるそうです。管理人は自生したものは見た事がありません。てっきり、園芸品種だと思ってました。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

樹木/科名別索引  五十音順索引

--関連ページ--

アズキナシ

ウメ

ビワ

ヤマブキ

サンザシ

観察帳へ   写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ