自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >オオバタケシマラン

自然観察雑記帳/サイト内検索
オオバタケシマラン(大葉竹縞蘭)
ユリ科/タケシマラン属
学名  Streptopus amplexifolius var. papillatus
撮影/July,04,2007 北海道・美深町

◎ユリ科、多年草。

◎分布/北海道、本州(中部以北)。

◎高さ/50〜100cm。

◎花期/6〜8月。

◎生育地/山地〜亜高山の湿った所。

・茎は2〜3回にわたり2分枝する。

・葉は互生し、長さ6〜12pの卵状楕円形で基部は茎を抱く。

・花は直径約12oで、葉腋から出た折れ曲がった柄につける。

・花被片は6個、白緑色で反り返り、基部は紫色を帯びる。
・果実は液果で、直径1pほどの楕円形。赤く熟す。
山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots

◎ユリ目 Liliales

◎ユリ科 Liliaceae

◎タケシマラン属 Streptopus

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間「タケシマラン」「ヒメタケシマラン」など。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ツバメオモト

オオウバユリ

カタクリ

ヤマユリ

エゾスカシユリ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ