自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ハナニラ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ハナニラ(花韮)
ユリ科 ハナニラ属
学名  Ipheion uniflorum
撮影/April,05,2007

◎ユリ科、多年草。

◎別名 「セイヨウアマナ」。

◎分布 アルゼンチン原産(帰化植物)。

◎高さ 10〜30cm。

◎花期 3月〜5月。

◎生育地 人家の周辺、草地など。

・全体にニラの臭いがすることからこの名がある。

・明治時代に観賞用に導入、繁殖力が強く、現在は野生化している。

・葉は長さ10〜20cmの線形。

・葉の間から花茎を出し、先端に直径約3cmの白色から淡紫色の花を一つつける。花弁は6個で中央に紫色の筋がある。

山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots

◎クサスギカズラ目 Asparagales

◎ヒガンバナ科 Amaryllidaceae

◎ハナニラ属 Ipheion

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 葉をちぎって臭いをかいでみた。名前通りニラと同じ臭いがして、しばらく指先が臭かった。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。「ユリ科」から「ヒガンバナ科」へ変更。クサスギカズラ目は、キジカクシ目、アスパラガス目とも言います。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

スイセン

ハマオモト

ヒガンバナ

シロバナマンジュシャゲ

ナツズイセン
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ