自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >スズカカンアオイ

自然観察雑記帳/サイト内検索
スズカカンアオイ(鈴鹿寒葵)
ウマノスズクサ科 カンアオイ属
学名 Asarum nipponicum var. brachypodion
撮影/March,06,2013

◎ウマノスズクサ科、常緑性の多年草。

◎分布 本州(東海地方、近畿地方、北陸地方西部)。

◎花期 3月〜5月。

◎生育地 山地の林内。

・葉は長い柄があり、卵形〜広卵形。

山野草/写真検索はこちら
萼筒内部/
「雄しべと花柱」
「格子状の隆起線」

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎モクレン類 Magnoliids

◎コショウ目 Piperales

◎ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae

◎カンアオイ属 Asarum

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★☆
※メモ カンアオイ属は萼筒内部の隆起線の数が見分けるポイントのようなので、ナイフで切って撮影しました。写真は、図鑑に載ってるものとは数が多いようです。千葉県〜静岡県に分布する「カンアオイ(A. nipponicum)」のような気もしますが、撮影地が愛知県でしたので、「スズカカンアオイ」と判断しましたが・・・はて ? ちょっと疑問が残りました。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。学名「Asarum nipponicum var. brachypodion」 → 「Asarum rigescens var. brachypodion」。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

ウマノスズクサ

オオバウマノスズクサ

ドクダミ

ハンゲショウ

フタリシズカ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ