自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ヒメツルソバ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)
タデ科、タデ(イヌタデ)属
学名  Polygonum capitatum(Persicaria capitata)
撮影/January,02,2007

◎タデ科、つる性多年草。

◎分布 ヒマラヤ地方原産(帰化植物)。

◎長さ 約50cm。

◎花期 9〜11月。暖地では周年。

◎生育地 人家の周辺、道端など。

・明治時代に観賞用として導入、ロックガーデンなどで栽培されていたものが野生化している。

・茎は基部から分枝して地を這って広がる。

・葉は卵状の披針形で互生、紫色のV字形の斑があるのが特徴。

・茎先に直径1cmほどの球状の花序をつける。

山野草(離弁花類)/写真検索はこちら


---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots

◎ナデシコ目 Caryophyllades

◎タデ科 Polygonaceae

◎イヌタデ属 Persicaria

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 真冬に側溝の中で咲いていた。時より道端でも見かける。耐寒性があり、繁殖力も旺盛らしい。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。学名「Polygonum capitatum」 → 「Persicaria capitata」。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

これまで「タデ属(Polygonum)」とされていたものを「ミチヤナギ属(Polygonum)」や「イヌタデ属(Persicaria)」など、幾つかに分ける見解があるようです。

科名別索引  五十音順索引  写真・秋

--関連ページ--

イヌタデ

オオイヌタデ

ハナタデ

サクラタデ

シロバナサクラタデ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ