自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >コウホネ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コウホネ(河骨)
スイレン科/コウホネ属
学名  Nuphar japonicum
撮影/September,01,2004

◎スイレン科、多年草。 

◎分布/北海道、本州、四国、九州。

◎高さ/20〜30cm。

◎花期/6月〜9月。

◎生育地/池や沼、小川など。

・太くて白い地下茎が白骨のように見えることでこの名がある。

・葉は水中葉と水上葉があり、水中葉は細長く膜質。水上葉は長さ20〜30cm、幅7〜12cmの長卵形で基部はやじり形。

・長い柄の先に、直径4〜5cmの黄色い椀状の花を1個つける。花弁状の萼片が5個あり、その内側に花弁がある。

薬用

山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms

◎スイレン目 Nymphaeales

◎スイレン科 Nymphaeaceae

◎コウホネ属 Nuphar

APG分類体系V/写真検索
撮影/June,10,2015
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 北海道、東北地方には「ネムロコウホネ」があり、北海道の猿払原野や尾瀬には変種の「オゼコウホネ」がある。また、北海道の雨竜沼には子房が赤みを帯びて果実が暗紅色になる「ウリュウコウホネ」と言うのもあるらしい。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。学名「Nuphar japonicum」 → 「Nuphar japonica」。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ネムロコウホネ

オゼコウホネ

ヒツジグサ

オニバス

ジュンサイ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ