自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ネジバナ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ネジバナ(捩花)
ラン科 ネジバナ属
学名  Spiranthes sinensis
撮影/June,27,2006

◎ラン科、多年草。

◎別名 「モジズリ」。

◎分布 日本全土。

◎高さ 10〜40cm。

◎花期 5月〜8月。

◎生育地 日当たりの良い野原、芝生など。

・花がらせん状につくことからこの名がある。別名は、捩れ模様に染めた絹繊維の一種で、ねじれた花序をたとえたもの。

・葉は長さ5〜20cm、幅0.3〜1cmの線状倒披針形。

・花茎は一本直立、高さ10〜40cmになり、1〜3個片鱗状の葉がつく。花序は長さ5〜15cmで小さな花をらせん状につける。

・花序のねじれかたは一定してなく、右巻き、左巻きの両方共にある。

・花は淡紅色、ときに白色で長さ約5mm。
山野草/写真検索はこちら


---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots

◎クサスギカズラ目 Asparagales

◎ラン科 Orchidaceae

◎ネジバナ属 Spiranthes

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ ラン科では珍しく良く見かけます。花は小さくてあまり目立ちませんが、よく見るとやっぱり綺麗です。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。クサスギカズラ目は、キジカクシ目、アスパラガス目とも言います。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

ミヤマウズラ

シュンラン

シラン

サギソウ

ツチアケビ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ