自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ヘラオオバコ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヘラオオバコ(箆大葉子)
オオバコ科 オオバコ属
学名  Plantago lanceolata
撮影/May,22,2006

◎オオバコ科、一年草。

◎分布 ヨーロッパ原産(帰化植物)。

◎高さ 30〜70cm

◎花期 6月〜8月。

◎生育地 荒地、道端、牧草地など。

・葉がへら形をしていることからこの名がある。 

・江戸時代末期に渡来したと言われ、現在は北海道から沖縄まで広く帰化している。

・葉は長さ10〜20cm、幅1.5〜3cmのへら形で細長い。

・高さ20〜70cmの花茎を伸ばし、小さな花を穂状につける。

山野草/写真検索はこちら
ロゼット(根生葉)・若葉/写真検索はこちら。

撮影/January,16,2014

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎シソ類 Lamiids
 (真正キク類T Euasterids T)

◎シソ目 Lamiales 

◎オオバコ科 Plantaginaceae

◎オオバコ属 Plantago

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 葉の形も花穂も、普通のオオバコとは感じが全く違う。同じ仲間「オオバコ」「ツボミオオバコ」。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

オオバコ

ツボミオオバコ

オオイヌノフグリ

タチイヌノフグリ

フラサバソウ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ