自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ホオズキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ホオズキ(酸漿)
ナス科/ホオズキ属
学名  Physalis alkekengi var. franchetii
「液果」 撮影/July,18,2003

◎ナス科、多年草。 

◎分布/アジア原産(帰化植物)。

◎高さ/60〜90cm。

◎花期/6月〜7月。

◎生育地/人家の近く。

・アジア原産といわれ、古い時代に渡来したと考えられている。

・普通、栽培されているが、野生化したものがある。

・葉は互生、長さ5〜12cm、幅3〜9cmの広卵形。 

・葉腋から長い花柄を出し、淡黄白色の花を下向きにつける。
・液果は直径1〜1.5pの球形で赤く熟す。

薬用

山野草/写真検索はこちら
「花」 撮影/May,31,2006

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎シソ類 Lamiids
 (真正キク類T Euasterids T)

◎ナス目 Solanales 

◎ナス科 Solanaceae

◎ホオズキ属 Physalis 

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 実はたまに見かけるが、花だけでは気づかない。ホオズキ属は、花後に萼が袋状になって包む。同じ仲間「センナリホオズキ」。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

センナリホオズキ

ヒヨドリジョウゴ

ヤマホロシ

イヌホオズキ

ワルナスビ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ