自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ミミナグサ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ミミナグサ(耳菜草)
ナデシコ科、ミミナグサ属
学名  Cerastium holosteoides var. hallaisanense
撮影/April,17,2007

◎ナデシコ科、多年草。

◎分布 日本全土。

◎高さ 10〜30cm。

◎花期 4月〜6月。

◎生育地 道端、畑など。

・葉をネズミの耳に例え、若葉が食用になることからこの名がある。

・茎は褐色を帯び、上部には腺毛がある。

・葉は長さ1〜4cm、幅0.5〜1.5cmの卵形〜長楕円形。

・茎頂に花序を出し、直径5〜6oの花をまばらにつける。花弁の先が浅く2つに裂けるのが特徴。

山野草/写真検索はこちら
ロゼット(根生葉)・若葉/写真検索はこちら。

撮影/May,04,2011
撮影/March,03,2014

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots

◎ナデシコ目 Caryophyllades

◎ナデシコ科 Caryophyllaceae

◎ミミナグサ属 Cerastium

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間、帰化植物の「オランダミミナグサ」はいたるところに生えているが、本種を見つけるのは難しい・・・繊細な感じがする。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。学名「Cerastium holosteoides var. hallaisanense」 → 「Cerastium fontanum ssp. vulgare var. angustifolium」。APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

オランダミミナグサ

ツメクサ

オオツメクサ

ノミノツヅリ

ノミノフスマ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ