自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >モウセンゴケ

自然観察雑記帳/サイト内検索
モウセンゴケ(毛氈苔)
モウセンゴケ科、モウセンゴケ属
学名  Drosera rotundifolia
撮影/August,07,2006

◎モウセンゴケ科、多年草。 

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎高さ 10〜20cm。

◎花期 6月〜8月。

◎生育地 日当たりの良い湿地。

・群生すると赤い毛氈を敷きつめたように見えることからこの名がある。

・葉に生えた腺毛の先から粘液を出して、昆虫を捕らえる(食虫植物)。

・葉はロゼット状で根生し、長さ2〜8cmの柄がある。葉身は長さ0.5〜1cmの卵状円形で、多数の腺毛がある。

・高さ15〜20cmの花茎を伸ばし、直径1〜1.5cmの白い花をつける。花弁は5個。

山野草/写真検索はこちら


---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots

◎ナデシコ目 Caryophyllades

◎モウセンゴケ科 Droseraceae

◎モウセンゴケ属 Drosera

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ モウセンゴケ科はすべて食虫植物。同じ仲間「ナガバノモウセンゴケ」「コモウセンゴケ」「イシモチソウ」など。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

イシモチソウ

オオヤマフスマ

ウメバチソウ

ミミカキグサ

ホザキノミミカキグサ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ