自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ボタンヅル

自然観察雑記帳/サイト内検索
ボタンヅル(牡丹蔓)
キンポウゲ科/センニンソウ属
学名  Clematis apiifolia
「若い果実」 撮影/September,20,2006

◎キンポウゲ科、つる性半低木。

◎分布/本州、四国、九州。

◎花期/8月〜9月。

◎生育地/山野など。

・葉がボタンの葉に似ていることからこの名があるらしい。

・葉は1回3出複葉で小葉は長さ3〜5cmの広卵形。先はとがり、不ぞろいの鋸歯がある。

・花は葉腋に多数つける。花弁状の萼片が4個。

山野草/写真検索はこちら

撮影/August,10,2007

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots

◎キンポウゲ目 Ranunculales

◎キンポウゲ科 Ranunculaceae

◎センニンソウ属 Clematis

APG分類体系V/写真検索
 
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 残念ながら花は終わり、実になりかけていた。しかし意外にも綺麗。葉の形から同じ仲間の「センニンソウ」とは違うことを判断しましたが・・・他にも変種の「コボタンヅル」と言うのがあるようです。

2007年8月---花の写真を追加しました。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

センニンソウ

サラシナショウマ

アキカラマツ

コバノカモメヅル

コカモメヅル
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ