自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >コウボウムギ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コウボウムギ(弘法麦)
カヤツリグサ科/スゲ属
学名  Carex kobomugi
撮影/May,22,2006

◎カヤツリグサ科、多年草。

◎別名/「フデクサ」。

◎分布/北海道(南西部)、本州、四国、九州。

◎高さ/10〜20cm。

◎花期/4月〜7月。

◎生育地/海岸の砂地。

・地中の黒褐色の古い葉鞘の繊維を筆に用いたとされ、書道の達人弘法大師にたとえ、穂を麦に見立てこの名がある。

・茎は鈍い3稜形でかたくて太い。

・葉は幅4〜6mmの線形で厚くてつやがある。

・茎の先に長さ4〜6cmの卵形〜長楕円形の穂状の花序をだし、淡黄緑色の小穂を多数つける。果胞は長さ約1cmで鱗片とほぼ同じ。
山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots
◎ツユクサ類 Commelinids

◎イネ目 Poales

◎カヤツリグサ科 Cyperaceae

◎スゲ属 Carex

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 砂浜に行くといたるところに生えている。北海道の南西部を除く沿岸には「エゾノコウボウムギ」がみられます。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

エゾノコウボウムギ

ゴウソ

タガネソウ

ジョウロウスゲ

サンカクイ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ