自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >エゾノコウボウムギ

自然観察雑記帳/サイト内検索
エゾノコウボウムギ(蝦夷の弘法麦)
カヤツリグサ科/スゲ属
学名  Carex macrocephala
撮影/July,03,2007 北海道・浜頓別町

◎カヤツリグサ科、多年草。

◎分布/北海道(西南部以外)。

◎高さ/10〜20cm。

◎花期/5月〜7月。

◎生育地/海岸の砂地。

・茎は鋭い3稜形でざらつき、葉は線形。

・茎の先に長さ4〜6cmの卵形〜長楕円形の穂状の花序を出し小穂を多数つける。果胞は鱗片より長い。
山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots
◎ツユクサ類 Commelinids

◎イネ目 Poales

◎カヤツリグサ科 Cyperaceae

◎スゲ属 Carex

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ コウボウムギ」よりも、茎の稜が鋭くてざらつきがあり、果胞が鱗片より長く果期に外側に反り返ることで見分けられるそうです。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

コウボウムギ

ジョウロウスゲ

ゴウソ

サギスゲ

ワタスゲ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ