自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >カラムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
カラムシ(茎蒸)
イラクサ科/カラムシ属
学名  Boehmeria nipononivea
撮影/September,27,2008

◎イラクサ科、多年草。

◎別名/「マオ」「クサマオ」。

◎分布/本州、四国、九州、沖縄。

◎高さ/1〜2m。

◎花期/7月〜9月。

◎生育地/人里近辺。

・名前は、茎を蒸して皮を剥ぎ、繊維をとることから。繊維は織り糸として利用される。

・葉は互生。長さ10〜15cmの広卵形で、縁には鋸歯があり先端はとがる。裏面は白い綿毛が密生する。

・雌雄同株。雄花序は茎の下部に、雌花序は茎の上部につく。

山野草/写真検索はこちら
「葉裏」
 

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎マメ類 Fabids
 (真正バラ類T EurosidsT)

◎バラ目 Rosales

◎イラクサ科 Urticaceae

◎カラムシ属 Boehmeria

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。学名「Boehmeria nipononivea」 → 「Boehmeria nivea var. concolor f. nipononivea」。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・秋

--関連ページ--

アカソ

ウワバミソウ

アオミズ

クワクサ

カナムグラ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ