自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >コバンソウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コバンソウ(小判草)
イネ科、コバンソウ属
学名  Briza maxima
撮影/May,14,2006

◎イネ科、一年草。 

◎別名 「タワラムギ」。

◎分布 ヨーロッパ原産(帰化植物)。

◎高さ 30〜70cm。

◎花期 5月〜7月。

◎生育地 空き地、路傍の砂地など。

・褐色に熟した小穂の形を小判や米俵に見立ててこの名がある。

・ヨーロッパ原産、明治時代に観賞用として導入したものが野生化した。

・茎は、基部がやや匍匐して直立する。

・葉は長さ5〜12cm、幅3〜8mmの線状披針形。

山野草/写真検索はこちら

撮影/May,28,2014

・茎の先に円錐花序をつけ、数個〜20個の小穂が垂れ下がる。

・小穂は長さ1〜2cm、幅0.8〜1.3cmの卵状楕円形。はじめ緑色をして、熟すと褐色になる。ドライフラワーの花材として利用される。

 

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots
◎ツユクサ類 Commelinids

◎イネ目 Poales

◎イネ科 Poaceae

◎コバンソウ属 Briza

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 独特な小穂をしているので、熟する前でも良く目につく。熟すとさらに良く目立つ。同じ仲間に小穂が小さくて可愛い「ヒメコバンソウ」がある。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ヒメコバンソウ

エノコログサ

ムラサキエノコログサ

キンエノコロ

アキノエノコログサ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ