自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >チガヤ

自然観察雑記帳/サイト内検索
チガヤ(千茅)
イネ科、チガヤ属
学名  Imperata cylindrica var. koenigii
「果期の花序」 撮影/June,05,2006

◎イネ科、多年草。

◎別名 「ツバナ」。

◎分布 日本全土。

◎高さ 30〜80cm。

◎花期 5月〜6月。

◎生育地 海岸、河原、野原など。

・群がって生えることから、千のカヤの意味でこの名がある。

・葉は長さ20〜50cm、幅0.7〜1.2cmの線形。

・花序は長さ10〜20cmの円柱状。小穂は長さ約4mmで基部に長さ約1.2cmの絹毛が密生する。

・食用。薬用。
山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots
◎ツユクサ類 Commelinids

◎イネ目 Poales

◎イネ科 Poaceae

◎チガヤ属 Imperata

APG分類体系V/写真検索

「花期の花序」 撮影/May,22,2006
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 若い花には甘みがあって食べられる。漢方では根茎を茅根(ぼうこん)と呼び、利尿、止血に用いられる。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・春

--関連ページ--

ススキ

オギ

チヂミザサ

サギスゲ

ワタスゲ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ