自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >フトヒルムシロ

自然観察雑記帳/サイト内検索
フトヒルムシロ(太蛭蓆)
ヒルムシロ科、ヒルムシロ属
学名  Potamogeton fryeri
撮影/June,01,2007

◎ヒルムシロ科、多年草。

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎花期  5月〜7月。

◎生育地 山間部の池、沼など。

・ヒルがいるような池や沼に生える「ヒルムシロ(P. distinctus)」より大きいことから。

・水生植物で、葉には水中に発達する沈水葉と水面に浮かぶ浮葉がある。

・浮葉は長さ5〜13cm、幅3〜5cm、表面は濃緑色からやや赤みがかった色で光沢がある。

・葉腋から長さ5〜15cmの穂状花序を出す。
山野草/写真検索はこちら

 

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎単子葉類 Monocots

◎オモダカ目 Alismatales

◎ヒルムシロ科 Potamogetonaceae

◎ヒルムシロ属 Potamogeton

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★☆
※メモ 管理人のお気に入りの場所で毎年見ます。多分間違ってないと思いますが、ちょっと不安です。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

トチカガミ

ジュンサイ

オニバス

コウホネ

ミツガシワ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ