自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ナンバンギセル

自然観察雑記帳/サイト内検索
ナンバンギセル(南蛮煙管)
ハマウツボ科、ナンバンギセル属
学名  Aeginetia indica
撮影/September,13,2007

◎ハマウツボ科、一年生の寄生植物。

◎別名 オモイグサ。

◎分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄。

◎高さ 10〜30cm。

◎花期 7月〜9月。

◎生育地 山野。

・南蛮人がタバコを吸うパイプに似ていることからこの名がある。

・ススキ、ミョウガ、サトウキビなどの根に寄生する。

・茎は赤褐色で、数個の鱗片葉が互生する。

・花柄を直立させ、先端に長さ3〜4pで淡紫色の花をやや下向きにつける。萼は舟形で長さ2〜3p、黄褐色で淡紅紫色のすじがある。

山野草/写真検索はこちら


---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎シソ類 Lamiids
 (真正キク類T Euasterids T)

◎シソ目 Lamiales 

◎ハマウツボ科 Orobanchaceae

◎ナンバンギセル属 Aeginetia

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 茎はほとんど地上に出ない、茎のように見えるのは花柄。山地に生え、本種に良く似た大型のを「オオナンバンギセル(A. sinensis)」と言う。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・秋

--関連ページ--

ヤマウツボ

クチナシグサ

オオヒキヨモギ

ママコナ

シオガマギク
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ