自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ミゾホオズキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ミゾホオズキ(溝酸漿)
ゴマノハグサ科、ミゾホオズキ属
学名  Mimulus nepalensis
撮影/August,31,2006

◎ゴマノハグサ科、多年草。 

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎高さ 10〜30cm。

◎花期 6月〜8月。

◎生育地 山地の渓流沿いなど。

・溝などの湿った所に生え、果実がホオズキに似ていることからこの名がある。

・茎はよく分枝し、高さ30cmほどになる。

・葉は対生し、長さ1〜4cm、幅1〜2cmの卵形。

・上部の葉腋から花柄を出し、淡黄色の花をつける。花冠は長さ1〜1.5cm、5浅裂する。

山野草/写真検索はこちら

撮影/August,10,2011

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperm
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎キク類 Asterids
◎シソ類 Lamiids
 (真正キク類T Euasterids T)

◎シソ目 Lamiales 

◎ハエドクソウ科 Phrymaceae

◎ミゾホオズキ属 Mimulus

APG分類体系V/写真検索

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 花や葉が大型のものを「オオバミゾホオズキ(M.. sessilifolius)」と言う。

2013年12月---APG分類体系Vを追加表記しました。APG分類体系Vでは、「サギゴケ属」は「ゴマノハグサ科」から「ハエドクソウ科」へ変更されました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ハエドクソウ

ムラサキサギゴケ

トキワハゼ

キクモ

タチイヌノフグリ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ