自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ハンゲショウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ハンゲショウ(半夏生)
ドクダミ科/ハンゲショウ属
学名  Saururus chinensis
撮影/June,25,2009

◎ドクダミ科、多年草。

◎別名/「カタシログサ」。

◎分布/本州、四国、九州、沖縄。

◎高さ/60〜100cm。

◎花期/6月〜8月。

◎生育地/水辺、湿地など。

・半夏生(夏至から11日目)の頃に開花し、葉が白くなることからこの名がある。

・葉は互生し、長さ5〜15cmの卵状心形。上部の葉は、半夏生の頃に白くなり、8月頃に再び緑色になる。

・葉腋から長さ10〜15cmの花穂を出し、小さな花を多数つける。

山野草/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎モクレン類 Magnoliids

◎コショウ目 Piperales

◎ドクダミ科 Saururaceae

◎ハンゲショウ属 Saururus

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

ドクダミ

ウマノスズクサ

オオバウマノスズクサ

スズカカンアオイ

コウホネ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ