自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >オオマツヨイグサ

自然観察雑記帳/サイト内検索
オオマツヨイグサ(大待宵草)
アカバナ科/マツヨイグサ属
学名  Oenothera erythrosepala
撮影/July,14,2004

◎アカバナ科、二年草。

◎別名/「ヨイマチグサ」「ツキミソウ」。

◎分布/北アメリカ原産(帰化植物)。

◎高さ/80〜150cm。

◎花期/7月〜9月。

◎生育地/海辺や河原など。

・北アメリカ原産の植物をもとに、ヨーロッパでつくりだされた園芸種と言われている。明治のはじめに渡来し、各地で野生化している。

・茎は基部でよく分枝し、直立する。茎にはかたい毛がありざらつく。

・葉は長さ6〜15cm、幅2〜4cmの卵状披針形で先端はとがり、ふちに波状の浅い鋸歯がある。

・花は黄色で直径70〜80mm、マツヨイグサの仲間では最も大形。夕方開き翌朝しおれるので、「ツキミソウ」と呼ばれる。花はしぼんでも赤くならない。

食用

山野草(離弁花類)/写真検索はこちら

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎アオイ類 Malviids
 (真正バラ類U Eurosids U)

◎フトモモ目 Myrtales

◎アカバナ科 Onagraceae

◎マツヨイグサ属 Oenothera

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ このマツヨイグサ属の仲間には「メマツヨイグサ」「マツヨイグサ」「コマツヨイグサ」「オニマツヨイグサ」「ヒルザキツキミソウ」「ユウゲショウ」などがあり、すべてが帰化植物。日本には自生種はない。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。学名「Oenothera erythrosepala」 → 「Oenothera glazioviana」。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・夏

--関連ページ--

メマツヨイグサ

コマツヨイグサ

ヒルザキツキミソウ

ユウゲショウ

アカバナ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ