自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >ヒレタゴボウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヒレタゴボウ(鰭田牛蒡)
アカバナ科/チョウジタデ属
学名  Ludwigia decurrens
撮影/September,15,2006

◎アカバナ科、一年草。

◎別名/「アメリカミズキンバイ」。

◎分布/北アメリカ原産(帰化植物)。

◎高さ/50〜100cm。

◎花期/8月〜10月。

◎生育地/水田、湿地など。

・「チョウジタデ(タゴボウ)」に似て、葉の基部が翼(ヒレ)になっていることからこの名があるらしい。

・1955年に愛媛県松山市で見つかり、その後関東以西や四国に帰化していることが確認された。

・茎はよく分枝し、直立する。

・葉は披針形。基部は茎に流れて翼になるのが特徴。

・花は直径約2.5cmで黄色。花弁は4個。

・果実は長さ15mmほどで4稜があり、切り口は正方形。

山野草(離弁花類)/写真検索はこちら

果実

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎アオイ類 Malviids
 (真正バラ類U Eurosids U)

◎フトモモ目 Myrtales

◎アカバナ科 Onagraceae

◎チョウジタデ属 Ludwigia

APG分類体系V/写真検索
撮影/August,23,2015
※判断自信度 ★★★★★
※メモ これは花がよく目立つのか ? 繁殖力が強いのか ? よく見かけるが・・・同じ仲間で在来種の「チョウジタデ」はあまり見かけない。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・秋

--関連ページ--

チョウジタデ

ミズタマソウ

ミソハギ

キカシグサ

ヒシ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ