自然観察雑記帳> > 植物 > 山野草 >チョウジタデ

自然観察雑記帳/サイト内検索
チョウジタデ(丁子蓼)
アカバナ科/チョウジタデ属
学名  Ludwigia epilobioides
撮影/September,15,2006

◎アカバナ科、一年草。

◎別名/「タゴボウ」。

◎分布/日本全土。

◎高さ/30〜70cm。

◎花期/8月〜10月。

◎生育地/水田、湿地など。

・全体がタデに似て、花がチョウジの花に似ている事からこの名がある。同じ仲間「ヒレタゴボウ」。

・茎は直立、または斜めに立ち多くの枝を出す。茎には稜があり、しばしば赤みを帯びる。

・葉は互生し、長さ3〜10cm、幅1〜2cmの披針形。秋に紅葉する。

・茎の上部の葉腋に直径6〜8mmで黄色の花をつける。
山野草(離弁花類)/写真検索はこちら

撮影/August,29,2015

---APG分類体系V(2009年)---

◎被子植物 Angiosperms
◎真正双子葉類 Eudicots
◎コア真正双子葉類 Core Eudicots
◎バラ類 Rosids
◎アオイ類 Malviids
 (真正バラ類U Eurosids U)

◎フトモモ目 Myrtales

◎アカバナ科 Onagraceae

◎チョウジタデ属 Ludwigia

APG分類体系V/写真検索
※判断自信度 ★★★★★
※メモ よく似たものに、帰化植物の「タゴボウモドキ(L. hyssopifolia)」と言うのがあるらしい。雄しべの数が本種は4個、モドキの方は8個あるそうですが・・・。

2014年1月---APG分類体系Vを追加表記しました。
APG分類体系V/目・科名一覧はこちら。

科名別索引  五十音順索引  写真・秋

--関連ページ--

ヒレタゴボウ

ミソハギ

コナギ

オモダカ

ワレモコウ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ