自然観察雑記帳> > 菌類 >きのこ >クロノボリリュウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
クロノボリリュウ(黒昇竜)
ノボリリュウ属 Helvella
学名 Helvella lacunosa Afzel.
撮影/September,18,2014
◎子のう菌門   [Ascomycota]
◎チャワンタケ亜門 [Pezizomycotina]

◎チャワンタケ綱  [Pezizomycetes]

◎チャワンタケ亜綱 [Pezizomycetidae]

◎チャワンタケ目 [Pezizales]

◎ノボリリュウ科 [Helvellaceae]
◎ノボリリュウ属 [Helvella]

・[lacunosa]→窪みのある。
◎別名 「クロノボリリュウタケ」
◎発生時期/夏〜秋。

◎発生場所/林内。

◎生え方/地上に散生、群生。
◎大きさ/小形〜中形。高さ3〜8cm。

◎分布/世界の温帯。

◎食・毒/不明。

・有柄で鞍形の子嚢盤を持つ。
・子嚢盤/黒褐色〜灰褐色、表面は不規則なしわや凹凸があり、この面に子実層を形成する。
・柄/長さ2〜5cm、径0.2〜1.2cm、上下同径。全長にわたり縦のしわひだがあり、淡灰褐色。
撮影/October,07,2016
・大きい画像、他の画像へ
・写真検索はこちら/@ A B
・きのこ解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  
五十音順索引  写真
--関連ページ--

ウラスジチャワンタケ

ナガエノチャワンタケ

アシボソノボリリュウ

シャグマアミガサタケ

タケリタケキン
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ