自然観察雑記帳> > 菌類 >きのこ >コツブタケ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コツブタケ(小粒茸)
コツブタケ属 Pisolithus Alb . & Schwein.
学名 Pisoliths arhizus (Scop.) Rauschert
撮影/September,10,2014
◎担子菌門   [Basidiomycota]
◎ハラタケ亜門 [Agaricomycotina]

◎ハラタケ綱  [Agaricomycetes]

◎ハラタケ亜綱 [Agaricomycetidae]

◎イグチ目 [Boletales]

◎ニセショウロ科 [Sclerodermataceae]
◎コツブタケ属 [Pisolithus]

・[Pisolithus] (石の豆)
◎発生時期/春〜秋。

◎発生場所/主にマツ林やブナ科樹下。

◎生え方/地上に散生〜単生。
◎大きさ/中形〜大形。

◎分布/日本、世界的。

◎食・毒/不食。

「断面」
撮影/September,12,2014
・頭部/類球形〜洋ナシ形。表面は白色平滑、のち亀甲状の黄褐色溝条で覆われ次第に褐色になる。
・殻皮は薄くて脆く、熟後に上部より剥離して内部を露出する。
・基本体内部は胞子のつまった不規則な形の小粒状で、上部から下部に向かってしだいに小さい粒となる。熟後は褐色粉状塊になる。
「断面」
・大きい画像、他の画像へ
・写真検索はこちら/@ A B
・きのこ解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  
五十音順索引  写真
--関連ページ--

ヒメカタショウロ

ザラツキカタカワタケ

ジャガイモタケ

シラタマタケ

チチショウロ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ