自然観察雑記帳> > 菌類 >きのこ >ビョウタケ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ビョウタケ(鋲茸)
ビョウタケ属 Bisporella Sacc.
学名 Bisporella citrina (Batsch) Korf & S. E . Carp.
撮影/August,20,2014
◎子のう菌門   [Ascomycota]
◎チャワンタケ亜門 [Pezizomycotina]

◎ズキンタケ綱  [Leotiomycetes]

◎ズキンタケ亜綱 [Leotiomycetidae]

◎ビョウタケ目 [Helotiales]

◎ビョウタケ科 [Helotiaceae]
◎ビョウタケ属 [Bisporella]

・[Bisporella] 2つの胞子。
・[citrina]→シトロンの様な。
◎発生時期/夏〜秋。

◎発生場所/朽木、落枝など。

◎生え方/材上に群生。
◎大きさ/超小形。径1〜3mm。

◎分布/世界中。

◎食・毒/不食。

・子嚢盤/径1〜3mmの円盤状で橙黄色。
・柄/中心生で短い。
「裏面」 撮影/July,28,2016
・大きい画像、他の画像へ
・写真検索はこちら/@ A B
・きのこ解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★☆
※メモ 図鑑では「モエギビョウタケ」よりはわずかに大きく、また、色も違うとあります。しかし、正直な所、見た目だけでは良く解りません。胞子を見れば解るようですが、当サイトでは写真だけの判断で顕微鏡観察は行っておりません。色、大きさ、撮影場所などを考慮して判断しましたが、間違っているかもしれません。
五十音順索引  写真
--関連ページ--

モエギビョウタケ

カンムリタケ

ヒメロクショウグサレキン

クロハナビラタケ

ズキンタケ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ