自然観察雑記帳> > 動物 > 蜘蛛 > ヤエンオニグモ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヤエンオニグモ(野猿鬼蜘蛛)
クモ目  クモ亜目  コガネグモ上科  コガネグモ科  オニグモ属
学名 Araneus macacus
撮影/November,26,2011

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 5〜9月。

◎体長 雄 9〜10mm。雌 15〜20mm。

◎網型 正常円網。

・最初の採集地が東京の野猿峠だったことからこの名がある。
・里山〜山地に生息、草原や林道などの樹間、草間に網を張る。
・腹部の葉状斑は幅広く、内側は茶色〜茶褐色、外側は色が薄い。
・他のオニグモ属「アオオニグモ」「キザハシオニグモ」「コケオニグモ」「ニシキオニグモ」「ハラビロミドリオニグモ」「ビジョオニグモ」「ヤマオニグモ」など。
 
クモ写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 別の角度から色々と撮りたかったですが、下に落ちて逃げられてしまいました。「ヤマオニグモ」との判断に迷いましたが、腹部が丸っこい事、葉状斑の両縁が波状をしている事などから判断しました・・・多分、間違ってないでしょう。本種はオニグモ属では珍しく、網に隠れ帯を付けるらしい。

クモ/科名別索引  五十音順索引  写真

--関連ページ--

ヤマオニグモ

/コガネグモ科

コケオニグモ
/コガネグモ科

ニシキオニグモ

/コガネグモ科

アオオニグモ

/コガネグモ科

ビジョオニグモ

/コガネグモ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ