自然観察雑記帳> > 動物 > 蜘蛛 > カラスハエトリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
カラスハエトリ
クモ目/クモ亜目/ハエトリグモ上科/ハエトリグモ科/カラスハエトリグモ属
学名 Rhene atrata
「雌」 撮影/April,16,2011

◎分布/本州、四国、九州。

◎時期/4〜8月。

◎体長/雄 5〜7mm。雌 6.5〜7.5mm。

◎網型/----

・平地〜山地まで広く生息、葉上を徘徊しながら獲物を探す。
・頭胸部は長さと幅が同じ台形で灰色の毛が密生する。腹部は卵形で、後方に白毛からなる細い帯が数本ある。
・第1脚は太くて大きい。
「雄」 撮影/April,16,2011
・同じ仲間「ヒメカラスハエトリ
・大きい画像、他の画像へ覗く
クモ写真検索はこちら
「雄」
「雌」
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 雄の写真、腹部後半の斑紋が図鑑に載ってる写真とは若干違いますが、個体差によるものだと思い本種と判断しました。

ハエトリグモ科のクモは可愛い種が多いですね。全部を見たわけでは無いですが、図鑑等で見た所では本種が一番可愛いと管理人は思いました。顔をアップで見るともっと可愛く、カメラを向けるとカメラ目線でポーズまで取ってくれます。

クモ/科名別索引  五十音順索引  写真

--関連ページ--

ヒメカラスハエトリ

/ハエトリグモ科

オスクロハエトリ

/ハエトリグモ科

ヤハズハエトリ

/ハエトリグモ科

マミジロハエトリ

/ハエトリグモ科

マミクロハエトリ

/ハエトリグモ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ