自然観察雑記帳> > 動物 > 蜘蛛 > チャスジハエトリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
チャスジハエトリ
クモ目  クモ亜目  ハエトリグモ上科  ハエトリグモ科  スジハエトリグモ属
学名 Plexippus paykulli
「雄」 撮影/December,01,2011

◎分布 本州、四国、九州、南西諸島。

◎時期 5〜8月。

◎体長 雄 7〜11mm。雌 10〜12mm。

◎網型 ----

・頭胸部〜腹部の中央に黄白色の縦条がある大型のハエトリグモ。
・屋内性で人家の天井や壁などに生息、普通に見られる。
・同じ仲間「ミスジハエトリ」。
・「雄」 背甲は黒褐色で中央(頭部前端まで)と側方に白色の条がある。腹部は中央に黄白色の条、その両側に黒色の帯があり、帯の中に明色点斑がある。
・「雌」 全体に茶褐色で背甲中央の白条は胸部のみある。腹部の後方にある点斑は大きく白斑となる。
・大きい画像、他の画像へ覗く
クモ写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 図鑑では5〜8月が出現時期になってますが、撮影日は12月です・・・室内に置いた鉢植えを散歩してました。
写真は雄です。雌の写真はまだありません。

クモ/科名別索引  五十音順索引  写真

--関連ページ--

アオオビハエトリ

/ハエトリグモ科

ウススジハエトリ

/ハエトリグモ科

アリグモ

/ハエトリグモ科

ウデブトハエトリ

/ハエトリグモ科

シラホシ
コゲチャハエトリ

/ハエトリグモ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ