自然観察雑記帳> > 動物 >他の節足動物(甲殻類) >タテジマフジツボ

自然観察雑記帳/サイト内検索
タテジマフジツボ(縦縞藤壺・縦縞富士壺)
甲殻亜門  顎脚綱  蔓脚下綱  無柄目 フジツボ科
学名 Amphibalanus amphitrite
撮影/April,22,2015
◎分布 北海道以南。

◎大きさ  直径 10〜20mm。殻高約10mm。

◎生息地 岩礁、内湾、港など。

・世界で最も広く分布するフジツボの一つで、日本では1930年代に初めて記録された外来種。

・内湾から外海にかけての潮間帯の岩盤上、ブイや護岸などの人工構造物に群生する。

・周殻は6枚。殻表は滑らかで白色の地に暗紫色の数本の縦縞がある。

 
 
他の節足動物/写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

他の節足動物/索引

--関連ページ--

アカフジツボ

シロスジフジツボ

クロフジツボ

イワフジツボ

カメノテ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ