自然観察雑記帳> > 動物 >他の節足動物(甲殻類) >コメツキガニ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コメツキガニ(米搗蟹)
甲殻亜門/軟甲綱/十脚目(エビ目)/短尾下目(カニ下目)/コメツキガニ科(スナガニ科)
学名 Scopimera globosa
撮影/July,30,2014
◎分布/北海道〜九州。

◎大きさ/甲幅 10mm。

◎生息地/河口、砂浜、干潟。

・内湾の干潟や河口の砂底に群生する丸っこい形をした小さいカニ。
・名の由来は、繁殖期の雄が行うハサミを上下に振り下ろすウェービングと言われる求愛行動が「臼」と「杵」で米をつく動作に似ていることから。
・砂中の有機質やプランクトンだけを食べて残りを砂団子にする。
・繁殖期には口の周りや腹部が紫色になる。
スライド(大きい画像)はこちら
他の節足動物/写真検索はこちら


   
動物/写真検索へ
水辺の鳥  山野の鳥  他の生物
他の節足動物  軟体動物他  蜘蛛
カミキリムシ  ハムシ  ホタル類
タマムシ他   コガネムシ他
テントウムシ他  ゾウムシ類
カメムシ類  ヨコバイ類  ハチ類
チョウ ガ@ A 幼虫  トンボ類
ハエ類  バッタ類  他の昆虫  
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 気配を感じてすぐに穴に逃げ込みますが、あまり警戒心はないのでしょう、暫く待っていると出て来て食事を始めます。愛嬌のある姿、動作、、、暫くの間モデルになって貰いました。スライドでは大きい写真が見れます。

他の節足動物/索引

--関連ページ--

モクズガニ

スナガニ

マメコブシガニ

ヤマトオサガニ

チゴガニ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ