自然観察雑記帳> > 動物 >他の動物 >ヤマトシジミ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヤマトシジミ(大和蜆)
軟体動物門  二枚貝綱  マルスダレガイ目  シジミ科
学名 Corbicula japonica
撮影/August,25,2014
◎分布 北海道〜九州。

◎大きさ 殻長 20〜30mm。

◎生息地 河口、潟の砂泥地。

・全国の河口などの汽水域に生息する貝の一種で、食用として重要な貝の一つ。

・殻表は黄褐色〜黒褐色で光沢がある。外形は三角形で殻頂はやや前による。

 
他の動物/写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ よく似た「マシジミ(C. leana)」は、全国の河川の淡水域に生息する。「セタシジミ(C. sandai)」は、琵琶湖水系に生息する固有種で殻頂部が大きく盛り上がる。
他の動物/索引
--関連ページ--

アサリ

ハマグリ

シオフキ

ムラサキイガイ

サルボウガイ

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ