自然観察雑記帳> > 動物 >他の動物 >カラマツガイ

自然観察雑記帳/サイト内検索
カラマツガイ(落葉松貝)(唐松貝)
軟体動物門  腹足綱  有肺目(基眼目)  カラマツガイ科
学名 Siphonaria japonica
撮影/March,24,2014
◎分布 北海道南部以南。

◎大きさ 殻長 20mm。

◎生息地 潮間帯の岩礁上。

・肺呼吸をする貝。殻は歪んだ楕円形で、その歪んだ所(右前方)の太い放射肋に呼吸孔が開く。
・放射肋と細い輪肋が交叉して格子状になるタイプと輪肋は弱く格子を作らないタイプがある。

・3〜5月にゼラチン質の卵塊を産む。

 
他の動物/写真検索はこちら。
「卵塊」
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間「キクノハナガイ」。
他の動物/索引
--関連ページ--

キクノハナガイ

マツバガイ

ベッコウガサ

ウノアシガイ

アメフラシ

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ