自然観察雑記帳> > 動物 > 他の生物(哺乳類) >ニホンテン

自然観察雑記帳/サイト内検索
ニホンテン(日本貂)
哺乳綱  食肉目(ネコ目)  イタチ科
学名 Martes melampus melampus  英名 Japanese marten
撮影/June,01,2007
◎他の和名 「ホンドテン」。

◎別名 「てんまる」「すすてん」「きてん」など。

◎分布 本州、四国、九州。

◎生息環境 丘陵地から亜高山帯までの森林。

◎大きさ 頭胴長、雄45〜49cm、雌41〜43p。尾長19p、体重1.1〜1.5kg。

◎食物 ネズミや小鳥、果実など。

◎天敵 ノイヌ、キツネ。

・対馬には「ツシマテン」が生息し天然記念物。

・大木の樹洞をねぐらにして、夜になると行動する。

・木登りが上手で、樹上ではヤマネやリスなど、地上ではノウサギやアカネズミなどを捕食する。

・夏毛と冬毛では色や質が違い、冬に真っ黄色になるものを「キテン」、夏毛と変わらないままのものを「スステン」と分けて呼ぶ。

 
他の生物/写真検索はこちら

※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

他の生物(哺乳類)/索引  写真

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ