自然観察雑記帳> > 動物 > 他の生物(哺乳類) >ムササビ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ムササビ(鼯鼠)
哺乳綱  齧歯目(ネズミ目)  リス科
学名 Petaurista leucogenys 英名 Japanese giant flying squirrel
撮影/April,21,2008

◎別名 「ばんどり」「おおばん」「おかつぎ」など。

◎分布 本州、四国、九州。

◎生息環境 森林など。

◎大きさ 頭胴長27~48cm、尾長28~41cm、体重700~1500g。

◎食物 葉、種子、果実など

・日本固有種。「身細び(みささび)」が名前の由来、飛膜を広げたときに比べ、体が小さいことから。

・体毛は背面は黒味がかった茶色で、腹部は白い。目と耳の間と頬にかけて白い部分がある。

・完全な夜行性で樹の上で生活する。地上にはほとんど降りずに、飛膜を使って空中を滑空しながら移動する。

・早春と夏に1~2頭の子を生む。

他の生物/写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

他の生物(哺乳類)/索引  写真

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ