自然観察雑記帳> > 動物 >他の動物 >スナヒトデ

自然観察雑記帳/サイト内検索
スナヒトデ(砂海星)
棘皮動物門  ヒトデ綱  モミジガイ目 スナヒトデ科
学名 Luidia quinaria
「背面」 撮影/May,28,2014
◎分布 北海道〜九州。

◎大きさ 輻長 10〜20cm。

◎生息地 浅海の砂泥地など。

・背面は黄褐色〜暗褐色で、体の中心から腕の先端までの中央を黒い帯が走る。腹面は白色〜橙黄色。

・腕は5本あり、先端に向かって細くなる。

「腹面」
「腹面・口と管足」

・口は腹面の中心にあり、肛門は背面の中心にある。

・腕の下面の中央に管足があり、それを使って海底を滑るように移動する。

ヒトデ類の解説へ。
クモヒトデ類の解説へ。
他の動物/写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 体は盤と腕からなるが区別は明瞭ではなく、大きさは体の中心から腕の先端までの長さ「輻長」を用いる。
他の動物/索引
--関連ページ--

イトマキヒトデ

マヒトデ

ムラサキウニ

バフンウニ

ハスノハカシパン

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ