自然観察雑記帳/サイト内検索
オニヤンマ(鬼蜻蜒)
トンボ目  不均翅亜目  オニヤンマ科  オニヤンマ属
学名 Anotogaster sieboldii
「雄」 撮影/August,16,2004

◎分布 日本全土。

◎生息地 平地から山地の河川、池など。

◎見られる時期 夏〜秋。

◎大きさ 90〜110mm。

◎食物 昆虫。

・日本固有種。黄色と黒の縞模様をした日本最大のトンボ。

・恐ろしげな顔つきと、黒と黄色の模様から「鬼」を連想して名付けられたらしい。

・不完全変態(半変態) 卵→幼虫→成虫。

・大きい画像、他の画像へ
トンボ写真検索はこちらへ。
【分類】
◎動物界        [Animalia]
◎節足動物門     [Arthropoda]

◎昆虫綱        [Insecta]

◎蜻蛉目(トンボ目)  [Odonata]

◎不均翅亜目(トンボ亜目) [Anisoptera]
◎オニヤンマ科  [Cordulegastridae]
◎オニヤンマ亜科 [Cordulegastrinae]
◎オニヤンマ属   [Anotogaster]
◎オニヤンマ  [Anotogaster sieboldii]
「雌」 撮影/August,28,2012
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 国内のオニヤンマ科は、全国に分布する「オニヤンマ属」(本種)と主に南方に分布する「ミナミヤンマ属」の2属があり、ミナミヤンマ属は「オキナワミナミヤンマ」「イリオモテミナミヤンマ」「ミナミヤンマ」の3種、その他「ミナミヤンマ」の亜種「カラスヤンマ」と「アサトカラスヤンマ」の全部で2属4種2亜種が棲息する。

トンボ目・索引  写真

--関連ページ--

ウチワヤンマ

/サナエトンボ科

コオニヤンマ

/サナエトンボ科

ギンヤンマ

/ヤンマ科

クロスジギンヤンマ

/ヤンマ科

ルリボシヤンマ

/ヤンマ科
写真帳へ   観察帳へ
戻る  表紙へ